向いている人が高校留学をすれば想像以上の体験をすることができます

サイトマップ

高校留学

ピックアップ

どんな人が高校留学に向いているのか

留学はハードルが高いかもしれませんが、向いている人が高校留学をすれば想像以上の体験をすることができます。では、具体的にどのような人が、高校留学に向いているのでしょうか。
性格の問題もあるかもしれませんが、一番はやはりグローバルな人物を目指している高校生でしょう。日本でも語学を学ぶことはできますが、現地の文化まで学ぶことは難しいものです。その点高校留学なら、そこで生活するだけでも文化の違いをその身で感じ取ることができます。グローバル化で最も大切な、異文化を理解するという学びを現地で得られるのは大きいでしょう。そうした人材を目指している方には強くおすすめできます。
また、そもそも高校生自体が留学に向いているとも言い換えることができます。高校生は十分に日本語を学習できていますし、また新しく言語を学ぶのも遅くありません。つまり、第二言語習得にちょうど良い時期なのです。
気になる国がある、言語だけでなく文化にも興味がある、というような方に高校留学はおすすめできます。高校生が親元を離れて海外へ、となると不安も大きいかもしれませんが、しっかりと周りの大人がサポートしてくれるため、安心して海外について学べるはずです。

高校留学のメリットは国際感覚を培うこと

近年、中学卒業後に高校留学を検討する方が増加しています。高校留学目的が語学習得という方がほとんどですが、実は3年間の高校留学で高い語学力を身に付けることは不可能です。なぜなら日本人高校留学生の場合、高校留学時の語学力が不足しているため授業そのものについていくことすら難しいからです。
海外で生活すれば常に外国語に触れ合え、国内で勉強するよりもはるかにリスニング力はつきます。しかし、現地の学生並の語彙力や会話能力を最初から持ち合わせている日本人学生は滅多にいないため、学科を学び試験をクリアするためにはもっと時間をかけて勉強する必要があるのです。学科の成績に自信のある日本人でも、圧倒的な語学力不足のために思うように点数が取れないというジレンマを感じる方が多いはずです。海外の学校の試験は文章問題や課題文作成が非常に多く、ある程度の語学力のない人には高得点が取れない仕組みになっているのです。
高校留学で目指すべきは、語学力の習得よりも国際的視野と価値観を養うことです。現地の学生はもとより他の国の留学生とたくさん交流を持てば、基礎的なコミュニケーション能力と生活レベルの語学力は十分身に付きます。現地の大学に進学を希望しないのなら、国際感覚を培うだけでも高校留学は価値があります。ただし、学科の学力不足の恐れがあるので、帰国後に予備校などで勉強しないと国内の大学受験は厳しいかもしれません。

高校留学は人生においてとても大切です

高校留学と聞くと、難しく感じる人が多いのではないでしょうか。私もその一人でした。しかし、仲の良かった友人が留学しているのを見て、私自身も、短期高校留学を経験させてもらいました。まず、友人は中学生の頃に短期留学を通してカナダが大好きに、英語が大好きになったそうです。私も友人もあまり明るいタイプの人間ではありませんでしたが、英語が大好きでした。英語が大好きで、得意不得意は関係ありません。
情熱があれば大丈夫だと思われます。学校生活に不安を覚える方も多いと思います。しかし、きっちりとした専門業者に頼むと、業者の方がバディーという専属の生徒をつけてくださるので、少しずつ慣れていく事が出来ます。
日本と違ってパーティーや友人の誕生日会など様々なイベントがあり、とても楽しむ事が出来ます。近年価値観の違いが多く叫ばれており、差別や偏見の原因とされていますが、海外の生活に溶け込むことで人種問題などについて深く考えることができるようになり、視野が広がります。カナダやオーストラリアのような日本語教育が盛んな地域では高校留学生を受け入れてくれている学校はとても日本語教育に力を入れている学校が多いので周りの学生たちも日本人を歓迎してくれます。

Copyright © 2016 向いている人が高校留学をすれば想像以上の体験をすることができます All Rights Reserved.